まる

灰色の眼鏡をかけたら

世界はそのうち消えると思った

あの日の約束ばかり何度も空に問いかけてる

壁はないのに

電話もメールもあるのに

あなたとつながれない

あなたは

もうこの世にいないから意味がない

ヘッドフォンの音漏れを、

どうにかして

今日も風船を買ってゆく

帰り道

真っ白な部屋で

頬が痛くなるまで膨らませるのが日課

色とりどりの風船

どれだけ敷き詰めても

私は飛べない

このまま、このまま

裏切られ続けながら生きてゆくのね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

内面 | 日記・コラム・つぶやき